保険会社と事前認定

後遺症の認定を申請するためには、事前認定と呼ばれる方法があります。ほとんどの場合には、この事前認定を利用することになるでしょう。ですが、一般的な方法というわけではなく、違いを明確にするところから始めていかなければいけません。

事前認定事前認定は、加害者側につく保険会社が資料を作成します。自賠責保険に申請を行いますが、被害者の目には、この資料はほぼ触れません。保険会社が手続きをおこなっていくため、確かに楽な方法です。通常病院に通院することになりますが、この治療期間を目安に症状固定を考えます。本来ならば、医学的な見地からおこなうべきもので、時間的な要因で左右されるものではありません。保険会社から、一定期間たったことで症状固定であると通達されることは、異常なことであるといえるでしょう。

この事前認定は、あくまでも加害者側の任意保険会社がおこなっていくものです。当然自社の利益を優先することになるため、被害者救済の立場であっても、補償は最小限ということになるでしょう。交通事故の被害者であることを考えても、できる限り有利なかたちにすることが必要になってくるのですから、認定方法をはっきりと考えておかなければいけません。


▼関連記事▼