交通事故の後遺症

交通事故が原因で怪我をすることは少なくありません。これが生活に影響することになれば、後遺障害として認定されることが出てきます。後遺障害であることは、自分で申告しても認められません。認定されるためには、手続きがあるからです。

後遺障害後遺障害として認定されると、後遺障害慰謝料と遺失利益を請求することができるようになります。これは慰謝料とは全く別のものです。そのためにも、認定される必要が出てくることからも、手続きをしていかなければいけません。

後遺障害の認定申請には2つあります。この申請は大きな違いがあり、どちらを選択するのかによって違いが出てくることになるでしょう。知らなければ、そのまま認定されずに時間だけがたってしまうことも出てきます。交通事故と後遺症の関係を考えた場合、時間が大きな論点となることを忘れてはいけません。時間がたてばたつほど、その症状の原因は不明確となり、因果関係を証明することが難しくなるからです。

交通事故にあってしまったときには、できるだけ早く医師の診断を受けることが大切といえます。そのうえで、弁護士などの専門家とともに進めることが、認定とともに必要になることです。交渉することも必要になってくるのですから、認定を考えるだけではなく、早期に行動をできるように知識を持っておくことが必要でしょう。そのための情報がありますので、いざというときのためにも参考にしてみてはいかがでしょうか。


▼関連記事▼