被害者請求と弁護士

後遺症の認定を受けるためには、被害者請求と呼ばれる方法があります。認定手続きとしても、被害者がおこなうことになるため、事前認定とは異なる流れを持っている方法です。後遺障害診断書などの書類を収集しておき、作成も進めて自賠責保険会社に対して請求を行います。自賠責保険会社は内容を確認してから損害保険料率算出機構に送付して算出の手続きに入り、審査を進めて自賠責保険会社に報告をして、そこから認定をおこなうのが手順です。自分で進めていくことが大きな違いで、提出する書類の内容が同じであれば、結果は変わりません。ここが大きなポイントです。

適正な賠償金額書類が同じかどうかは、事前認定では確認することができません。被害者側には、同じ内容になっているかどうかを確認する手立てがない以上、本当に内容が正しいものかを判断できないことが問題です。被害者請求であれば、弁護士にチェックしてもらい十分に検討することもできます。記載内容に関しても不備や漏れをなくすこともできるでしょう。つまり、適正な賠償金額を得られるようにすることができるということです。

交通事故による後遺障害の認定では、交通事故に詳しい弁護士にチェックさせることが重要といえます。楽だからといって保険会社に任せたりせずに、頼もしい味方をつけて漏れなどがないようにしていくことが必要です。


▼関連記事▼